妊活を始める前に何をすれば良い?

妊娠中は食生活に気をつけて

妊娠中は食生活に注意しなければなりません。栄養バランスのよい食事を心がけるとともに、体重管理もしっかり行わなければなりません。妊娠中は塩分の量にも気をつけなければなりません。塩分を取り過ぎると妊娠中毒症や妊娠高血圧症になりやすくなります。また糖分を取り過ぎたり、急激な体重増加は妊娠糖尿病になるリスクも高まるからです。

妊娠初期の時期は、葉酸を多めに摂り、水分補給もしっかり行うことが大切です。葉酸を含む食品には、ブロッコリーやホウレンソウ、大豆、卵などがあります。

妊娠中期は、つわりが終わる時期でもあるため、食欲がわいてきますが、食べ過ぎないように気をつけましょう。身体がむくみやすい時期でもあるので、塩分は控えめにして、食事は薄味を心がけましょう。便秘にならないように食物繊維をたくさん摂るようにするとよいでしょう。

また貧血になりやすくなるので、鉄分を含むレバーやひじき、ほうれんそうなどを食べるとよいでしょう。妊娠後期は鉄分やカルシウムが不足しやすい時期でもあるため、鉄分やカルシウムをしっかり摂りましょう。

後期の時期は、お腹の中の胎児が大きく成長する時でもあるため、胃が圧迫され、なかなか食欲がわかない場合もありますので、食事を小分けして食べるとよいでしょう。また油断をすると体重が急激に増えやすい時期でもあるため、体重管理をしっかり行いましょう。妊娠中は、栄養バランスのとれた和食中心のメニューを頂くようにするとよいでしょう。

↑go to top