妊活を始める前に何をすれば良い?

妊娠中は貧血になりやすいのは何故?

妊娠中は非妊娠期と比べると、貧血になりやすい傾向があります。何故、貧血になってしまうのでしょうか?

その理由は、妊娠中はお腹の中で赤ちゃんにたくさんの栄養分を送らなければなりません。そのための材料として、母体の血液が必要となるからです。妊娠を継続させるためには、体内の組織にもたくさんの血液を送る必要があります。送られて行く血液の量が増えていく割には、血液中の赤血球の量が少なくなり、鉄分も不足していくのです。そのため妊娠中は鉄欠乏性の貧血になる傾向があります。

妊婦健診では、定期的に採血を行い血液中の鉄分量を調べます。もし鉄分が不足していれば、鉄剤が処方されることもあるでしょう。

鉄分が不足すると、お腹の中の赤ちゃんの成長にも大きな影響が出てきます。母体も鉄分不足によって、動悸がしたり、手足が冷たくなる、眩暈や倦怠感を感じやすくなります。こうした症状を感じる頃には、身体の中での鉄分不足は深刻な状態になっていますので、鉄剤を服用したり、場合によっては病院で管理入院が必要なケースも出てきます。

妊娠中の貧血は、胎児や母体に影響が出てくるばかりか、出産時にも影響が出てきます。微弱陣痛や分娩時間が長くなるなどの問題も生じてくる可能性もあります。出産後も血液が固まらなくなって、輸血が必要になる場合も出てきます。そのため、妊娠中の貧血は軽視せずに、すぐに治していく必要があるのです。

鉄分を多く含む食品には、ひじきや鶏や豚のレバー、いわし、ほうれんそうなどがあります。これらの食品をよく食べて、妊娠中の貧血を予防していきましょう。

↑go to top