妊活を始める前に何をすれば良い?

35歳を過ぎてからの妊活

近年、女性の社会進出が著しく社会で活躍する女性が増えてきています。出産年齢も35歳を過ぎてから第一子を出産する人も少なくありません。

しかし、時代背景は変化しても女性の身体は変わりません。依然35歳以上の妊娠出産は高齢扱いとなることは変わることはありません。ただでさえ、妊娠出産は女性の身体にも大きな負担がかかります。年齢が上がるほどその負担は大きく危険性も高まります。そのため、妊娠出産に関する正しい知識を習得していくことが大切となります。

自然妊娠を成功させるため知識を付けるとともに、これまでの生活習慣を見直し妊娠に向けての体力づくりを行う活動のことを「妊活」と呼びます。まず初めに年齢を重ねると自然妊娠がしにくくなることを理解しておくことがポイントです。

そこで年齢により自然妊娠の確立をご紹介します。25歳~30歳:25~30%、30歳~35歳:18%、35歳~40歳:5%、40歳~45歳:1%となります。このように35歳を過ぎると自然妊娠の確率は大きく下回ることが分かります。健全なカップル(夫婦)が避妊せずに通常の夫婦生活を営んでいれば2年の間には妊娠をするという定義あります。しかし、これは前述で解説した通り年齢を重ねると妊娠率が下がることは明らかですので、あまりこの定義にこだわる必要はないともいわれています。

まずはじめは、正しい自然妊娠できる目安の年齢を覚えておくことが大切です。また、男性も年齢とともに精子が劣化していく精子年齢があることを知っておくこともイントです。妊活で重要なことはご夫婦で取り組む問題という意識がもっとも大切なのです。

↑go to top